最新ピックアップ記事!

タグ:両親

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1309846720/


178 : 名無しさん@HOME 2011/07/09(土) 19:33:02.69 0

数年前の話をさせて

自分(女)の両親は高齢で自分をもうける。自分は両親を看護し見送った。
その時自分は三十になったばかり。
高齢の両親だったので伯父叔母は自分の祖父母の歳で従兄・従姉が両親の歳だった。
なので親密な付き合いは無かったけど連絡はしていた。
自宅は都市計画の立ち退きになったけど替地貰ってもしょうがなかったので、
従兄の勧めで売ってしまい現金にした。

両親も後に残す一人っ子の自分が、可哀そうで頑張って現金を残してくれた。
相続税を払っても八桁は残ったが、一応自営で食べて着て寝る所を賄えたので
誰にも知らせないように、銀行の貸金庫に現金のまましまっておいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/baby/1576980658/



456 : 名無しの心子知らず 2020/01/19(日) 09:27:47 ID:5pw0rL48

小3と小1の子供がいる母親です。
私のお父さんが余命宣告されており、あと6か月です。

お父さんは来月におそらく最後であろう誕生日を迎えるのですが、その間に
最後の思い出作りとして、学校を休ませて沖縄旅行に行こうと思っています。

子供達は乗り気なのですが、当事者間で見解がまとまらないのをどうすべきでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1438315422/


1 : 名無しさん@おーぷん 2015/07/31(金)13:03:42 ID:c4q
参考にしてくれ
2 : 名無しさん@おーぷん 2015/07/31(金)13:04:36 ID:1R4
どんな名前
10 : 名無しさん@おーぷん 2015/07/31(金)13:09:08 ID:c4q
スッペク

俺 20代後 教員 今日はおやすみした

妹 20代中 事務 専門卒

妹旦那 20中 高校時の後輩

前日、妹に子どもが産まれた。元気な女の子だ。
お互いの両親にとって初の孫だった。

妹も鼻高々な様子でマタニティハイってこんな感じなのかと俺は見ていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1481602292/


787 : 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)12:45:11 ID:qSW
両親が長らく海外赴任していたので、幼いころから祖母の家に預けられてた
祖母は決して悪い人ではなく、むしろ私のことを溺愛してくれてたんだけど
「せめて二重だったらねぇ」と不憫そうに私の顔を見て言うのが嫌だった

両親も祖母も、なくなった祖父も皆海外の人みたいなぱっちり二重だったから
久しぶりに会えた両親にまで「せめて二重だったら」を言って

しかも両親も「本当にねぇ」と気の毒そうに言うので泣きそうになった

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://engawa.open2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1454982512/


167 : 名無しさん@おーぷん 2016/02/21(日)20:33:24 ID:EMg
親世帯子世帯の付き合い方で意見を聞かせて欲しい。
(他の視点での話をどこかで読んでるかもしれないので嫌な人は申し訳ない)

うちは俺37嫁33息子小一
親世帯は両親60代、妹は30で同居

両親&嫁と、妹の対立構造が出来てしまい難儀している。

原因となったのは嫁が

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1425816507/


650 : おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 00:49:10.15 ID:BUa0IE/+.net

中学2年の時に経験した修羅場。

同い年の女の幼馴染がいたのだが、
自分の家に遊びに来た時に押し倒されるという事があった。

突然のことに驚いていると「私、女の子だよね?」と変な事を聞いてきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1516599948/


840 : 1/2 2018/05/04(金) 15:43:14.54 ID:IoTFS5Qe.net

連休になるたび思い出す修羅場というか日常

10歳離れた姉が高校生の時いじめで自*した
加害者は女だけどいじめと言う可愛いもんじゃなくてハン罪だと思う内容
その日は保育園で青い顔した叔母(遠方住み)が迎えに来て病院へ
両親がこどもみたいに声を出して泣いてたのが印象的だった

葬式はさらに地獄絵図

棺桶に縋り付いてお教どころじゃなくて姉の担任だった先生や校長に泣いて文句言ってた

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1361339785/


294 : 名無しさん@HOME 2013/02/22(金) 16:04:03.16 0

自分は修羅の家から逃げた立場だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1321606681/


574 : 名無しさん@HOME 2011/11/25(金) 18:59:26
麻酔で思い出した話。

小学6年の頃、図書館の本で初めて盲腸の存在を知り、そういえば
この本みたいにおへその右下が時々痛いかなーと思いつつも本みたいに
激痛にのたまうほどではなかったんで放置。

中学生になりあれ?これ激痛って程じゃないけど確実にいたいよね?
と学校を早退し学校近くの病院に行くが藪だったのか血を抜いて
痛み止めの点滴だけで終わった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1298222290/


132 : 可愛い奥様 2011/02/24(木) 17:29:23.34 ID:2hxTaP2rO

もう20年も前の事なので書く。
私は両親の仕事の都合で、よく祖父母の家に預けられていた。
田んぼを挟んで家がぽつぽつあって、トイレは外の納屋にある程の田舎だった。

その田んぼを挟んだ向かいの家は、夫がアル中で酔うと暴れて手のつけられない人だった。

実際に祖父母の車を壊された事もあったし、夜中に奥さんが
子供を連れて祖父母の家まで避難してくる事もあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1209043166/

転載元:http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1208673592/

転載元:http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1209806250/

転載元:http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1237918500/


454 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/26(土) 03:50:01
・嘘偽りなく俺は潔白、悪くない
・だから嫁が改めるべき
・俺と嫁二人の単位ならりこんも最悪やむを得ないと思う
・ただ現在嫁は妊娠中で産まれてくる子供の事考えるとりこんは避けたくもある

逃げられ寺でもいいですか?

相談者いらっしゃるようだし

許可でたら

明日テンプレとコテトリつけます
459 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/26(土) 03:52:29
>>454
とりあえず、テンプレ項目全て埋めて書き込めばいい
ここでない案件の場合は誘導があるから

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1259191725/


320 : おさかなくわえた名無しさん 2009/12/07(月) 21:08:04 ID:JKnm4DJt
月並み?だが、自分が養子だった事。
高校の修学旅行でパスポートが必要になり、戸籍謄本を取った時に愕然とした。
その日は何も手に付かず、夕飯で両親が揃った時、思い切って問いただした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1346063300/


719 : 名無しさん@HOME 2012/09/01(土) 12:28:37.33 0
自分の中ではまだ納得できない話なんだけど…
小学校の頃、家に帰ってくると犬の頭部分に
ビニール袋をかぶせて窒息しさせようとした父方の親戚の叔父がいた。

ちょうど父親と一緒に帰っていたので父が慌てて止めると叔父逃走。

警察に行っても未遂やらなんやらでそんなことで駆け込まないでと言われて、
なあなあのまま時間が過ぎた。