スポンサードリンク

タグ:不倫

転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1342316985/

908 : マリ子 2012/09/24(月) 11:54:39.87 ID:1h0FcKVb0
失礼します。
自分の修羅場ではなく、友人の修羅場に巻き込まれた形なのですが…。

友人(以下、マリ子とします)が結婚することになり、私を含め学生時代の友人が集まってお祝いをすることに。

スポンサードリンク

転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1231334430/

811 : 名無しさん@HOME 2010/02/01(月) 16:28:09 0
暇なので長文投下。

ありがちな修羅場だけど自分が小学の頃、父の愛人が家に凸ってきた。
夫婦仲が微妙になってるのは毎夜繰り返される両親の言い争いで理解はしてた。
ただその言い争いの理由が父の不倫で、まさか愛人が私も知ってる人だとまでは
知らなかった。


転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1299582089/

103 : 名無しさん@HOME 2011/03/09(水) 19:06:07.27 O
愛人宅に奥さん登場
周りが凍りつく結果になった

きちんと筋道立てて報告できるようまとめるのでしばしお待ちを

転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1299582089/

737 : 名無しさん@HOME 2011/03/21(月) 19:48:17.56 0
こっちも震災絡みの修羅場。
ウチは東北の「~浜」っていう地名がつくところ。
つまり海にわりと近い。



転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/furin/1306847652/

648 : 名無しさん@HOME 2011/04/16(土) 09:37:33.30 0
この数日の流れを今、一気に見てる。

長男が知的障害で妹あり、嫁が一回り若い男と出/会/い/系で知り合い不倫して出て行った。
子供二人と障害&要介護の母親の三人を残された俺は今、人生の底辺。

転載元:http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1169601824/

763 : その1 2007/02/08(木) 15:11:38 ID:gzbuOEBX0
A・B・Cという3兄妹の話。
長男Aは大人しくて真面目。顔も頭も普通。悪く言えば物凄く地味な人
次男Bは2歳下で顔良し頭良し運動神経良しで、天が何でも与えてしまったような
ってのを絵に描いたような人。やることなすこと全部上手くいって、失敗すら後からみると
プラスになってるというなんとも恵まれた人。ちなみに激モテの激ヤ/リチ/ン。


転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/furin/1147413834/

42 : 名無しさんといつまでも一緒 2006/05/20(土) 15:55:50
とりあえず、父親が弟か妹をつれて帰ってくる前になんとかしろ
うちは父親がいきなり家に24も年下の妹を連れ帰ってきて度肝をぬかれたorz
母親はぶちギレて父親をボッコボコにし、「こんな子を家に入れんじゃねえ」と吼えた。


転載元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1372829603/

917 : おさかなくわえた名無しさん 2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:t9whBlZV!
7年ぐらい前の話し。
海外赴任になりそうになったので見合いした。
相手は結構美人だし話しも上手で人当たりの良い人だった。


転載元:http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1307540417/

799 : 可愛い奥様 2011/07/12(火) 12:12:50.00 ID:i0tqC4920
十代から二十代前半にかけて、本当に遊んでた。一人の男に3/Pに誘われてから、本
気ではまってしまった。もちろん、二穴責めで遊ばれた。でも、バージンじゃなかっ
たけど、旦那は私の遊びを知らない。最近転勤した先で、昔の男(数回遊んだ)と偶

転載元:http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1445674668/

264 : 名無しさん@おーぷん 2016/08/10(水)13:06:41 ID:X12
友人が結婚した相手は不倫に強い嫌悪感を示す人
昨年、友人夫婦に子どもが誕生した

でも、その子は友人が結婚後も関係を続けていた
既婚男性の子どもであるかもしれないんだよね


このページのトップヘ