スポンサードリンク

タグ:セコ

転載元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/ex/1469103957/


42 : 恋人は名無しさん 2016/07/23(土) 10:13:46.02 ID:sfD+t/uR0.net
彼氏と別れた後たまたま知り合いの伝手でお見合いした相手なんだけど、
カードマニアでケチで無神経で断った。 


お店で食事をしたら一旦カードで払って半分請求。 
私がコンビ二で買い物をしたら、サッとナ○コカードを出して勝手に支払ってお店を出てから現金を私に要求。 
お店によってワ○ンカードとポ○タカードのダブルカードになることもある。

ちなみに私もポンタカード持ってるけど、それを出したら不機嫌になった。 

スポンサードリンク

転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1196695924/


561 : 名無しの心子知らず 2007/12/07(金) 10:32:32 ID:m+XfarZ/
旦那が知り合い同士だから、妻同士も知り合いで仲良しだって 
勝手に思い込む馬鹿もいる・・・5年前のうちの旦那の友人の嫁さん_| ̄|○iiii 

待望の娘が生まれたとかで、うちに 
「奥さんの晴れ着とかあったら娘に頂けませんか?もう使いませんよね?」 
って、晴れ着幾らすると思ってるんだ?しかもうちは当時一歳の娘がいたし。 
なんでも、貧乏だから助けて下さいw旦那同士仲良しなんだから 
私達もこれをきっかけに・・とかで何でも人の物イーナーイーナーって言う人だった。 

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1463473030/


250 : 名無しさん@おーぷん 2016/05/20(金)19:42:09 ID:bUn
弟の車をクレクレ、弟がそいつで遊んで撃退した


弟が我が家に遊びに来るのはいいけど
大きなスポーツカーに乗ってるせいか目立つ
なのでご近所さんに「弟さん来てるの?仲良いですね」と覚えられる
そんなある日、ご近所の若奥さんが弟夫婦が来てる日に訪問
弟の車のことで話があるらしく
私は(ありゃ、あいつの車煩いから怒られたかぁ)と思いながら家に上げて弟の所へ
弟も「煩かったかな?住宅街だから大人しく走ってたけど」と言って若奥さんと対面

しかし、若奥さんは素っ頓狂な話をし始めた

転載元:http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/baby/1394892009/


365 : 名無しさん@おーぷん 2016/03/13(日)00:28:10 ID:Tnu
飛行機のビジネスクラスで見た、キチではないがセコケチ家族なんだがここでいいかな? 
366 : 365 2016/03/13(日)01:10:23 ID:Tnu
誰もいないみたいなんで書き捨て
母からの又聞きだからおかしいところあるかも
普段ROM専だから読みにくかったらすまぬ

セコ奥、セコ旦那、1歳なってないぐらいの赤の3人家族
セコ奥と赤は座席がビジネスみたいにクライニングするが食事はエコノミーめぬーの席
セコ旦那だけがビジネスに
セコ奥が赤をセコ旦那のとこに連れてきてたから、このときは席が別なんだな、程度に見てたらしい
食事の時間になって、左右のテーブルにセッティングされるビジネスクラスの豪華めぬーが運ばれてきた
セコ旦那は通常のめぬーに加えて追加も注文してたようだ
だがセコ旦那はなかなか手を付けようとしないでCAさんの動きを気にしている
なんで食べないんかな?と思ってチラチラ見てたら、2段になってる松花堂弁当を重ねてテーブルを畳もうとしたり怪しい

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1427877615/

436 : 名無しさん@おーぷん 2015/04/21(火)19:04:57 ID:3lG
今日近所のスーパーへ行ったら、松潤がCMしてるシャンプーが半額だった。
そこのスーパー、新製品とか大量に並べて、棚替えになると突然半額の見切り品になる。
うれしくて自分のカゴにせっせと運んでたら、女子大生かOLかってくらいの
きれいなお姉さんもニコニコしながら自分のカゴに入れていた。

転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1266995152/


702 : 恋人は名無しさん 2010/03/08(月) 22:06:44 ID:qnauSWkS0
吐き出し。 
ここの板にしてみたら軽いかもしれないが、恋愛スキルのない俺には修羅場だった一件。 


数年前、俺は都内マンモス大学の学生。 
彼子はサークル友つながりで知り合った女。 

田舎から上京した喪男の俺にとって東京は怖いところだった。 
しばらくは靴下の中に現金を入れていつかっぱらいされても家に帰れるよう自衛していた。 
俺が帰れないとばーちゃんと11歳下の弟が泣くので必死だった。 


そんな俺にも1年余で「東京は危なくない、同じ日本である、怖くない」ということがわかり、

そろそろとサークル活動を始めたのがそのころだった。 

このページのトップヘ