スポンサードリンク

タグ:ガクブル

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1474327100/

743 : 忍法帖【Lv=1,バンパイア,kRY】 2017/01/24(火)17:03:15 ID:5nq
私は若い頃に、足首を怪我したことがある
怪我自体はとうの昔に治ってて、普段は普通に歩けるしヒールも履けるのに
時々ろくに歩けないくらい痛む日がある
気圧とか気温の問題だと思うんだけど、医者も理由がわからない


スポンサードリンク

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1422201514/

486 : 名無しさん@おーぷん 2015/03/19(木)11:46:46 ID:GJl
放課後、廊下を歩いていると女子のカバンが落ちていた。
なんでこんなところにカバンが落ちているんだ?
と思ったら、女子トイレの入口にも荷物が置かれてる。
トイレの外に荷物を置いてトイレに入ったようだ。


転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1431363677/

78 : 名無しさん@おーぷん 2015/05/21(木)13:13:14 ID:qI0
3年前、旦那とまだ恋人同士だった時に元カノに刺された。
79 : 名無しさん@おーぷん 2015/05/21(木)13:22:45 ID:1hL
>>78
kwsk
80 : 名無しさん@おーぷん 2015/05/21(木)13:37:39 ID:qI0
とりあえず当時のスペック

私 21歳
彼 29歳
元カノ 40歳

だったんだけど、私が転勤してきた時に彼に初めて会った。


転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1334732808/

293 : 名無しの心子知らず 2012/04/23(月) 15:26:26 ID:28AcBxmZ
キチガイまでは行ってないけど、すごく怖い女性が同じマンションに越して来た。
私の姿を見かけると追いかけて来て、一方的に喋り始める。
朗らかとか、お喋りだとかいうレベルではなく、すごい大声だし、唐突だし、

転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1234967677/

367 : 本当にあった怖い名無し 2009/03/12(木) 18:35:02 ID:rteEM6a9O
デ/リ/ヘ/ルの事務員募集してたので面接行ったら合格。最初は電話番とか事務所の掃除とか待機の女の子の話し相手とか
したら893社長が「ちょっとこれ作って」って渡してきたのが、偽造**証

転載元:http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1332608396/

273 : 可愛い奥様 2012/04/10(火) 01:58:17.18 ID:X3DrygvHO
中学生の時、同居してた祖父が心臓発作で死んだ。
その日、部活から帰ったら、テレビがつけっぱなしで
誰もいないから、おじいちゃんかなと思って部屋覗いたんだよね。



転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047119945/

155 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/03/09 16:41
つい昨日、物凄く恐ろしい体験をしてしまいました。
自分は、今まで怖い体験をした事はゼロに等しくて、
自分が書く話と言えばいつも創作ばかりでした。
しかし、昨日の出来事には本当に参りました。
書いてもよろしいでしょうか?



転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047906776/

134 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/03/19 20:30
あのさ、はっきり言ってあまり怖くないんだけど一つ。

こないだ久し振りに高校の友達(仮にTとする)と会ったの。
んで一通り家で遊んだ後「どっかドライブでも行くか」ってことに
なったんだよ。


転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047906776/

305 : 1/3 03/03/22 01:07
2年前の夏、大学からの帰りでの話。

駅からチャリで自宅に向かっている途中、遠くで黒い煙が
立っているのが見えた。
「火事かな?ちょっと行ってみるか。」

転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1030381228/

621 : Yの友人 02/09/04 22:19
これは私が体験した実話です。

 私が大学生だった頃、毎日つるんで遊びまわっていた
グループの中に非常に霊感の強いYという男がいました。

このページのトップヘ