スポンサードリンク

タグ:ご近所さん

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395813489/


596 : 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)13:51:59 ID:???
アパートに一人暮らししてて郵便受けなんかに入る広告がうざくてスルーしてた
たまに彼女が家にきて家事とかやってくれるんだけど、
その時郵便受け開いて必要な書類とか個人情報記載したものは抜いてテーブルに置いてくれていた


ある日昼間に仕事から帰ると知らないおばさんが郵便受けを開いていた

スポンサードリンク

転載元:http://kanae.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1419691076/


896 : おさかなくわえた名無しさん 2015/03/11(水) 23:12:47.01 ID:JvGxhbr0X
うちは、分譲と賃貸が入ってるマンションで2棟あって、うちは2で救った家は1。

年末に近所のママと井戸端会議。
私と近所のママの会話内容はクリスマスプレゼント何か買ってもらった?って話で、
我が家は掃除機買ってもらった話をしてた。

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1444636509/


287 : 名無しさん@おーぷん 2016/01/10(日)11:45:12 ID:TEN
近所に顔の骨がずれてる婆さんがいた。
爺さんが喧嘩のたび「そこで寝ろ!」とお婆さんを寝かせて、コーンと頭?顔?を蹴るんだそうだ。
それを毎回やられてたら顔がずれてしまったらしい。
というのは噂だったが、爺さんが「そこへ寝ろ!」→悲鳴っていうのはたまに聞こえてきたし

婆さんに「そこへ立て!」って気を付けの姿勢させてからぶんなるってたのは俺も見たことがある。

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1462133072/


115 : 名無しさん@おーぷん 2016/05/06(金)07:09:38 ID:78h
夫のせいでご近所さんが離婚するんだってさ。経緯は箇条書きで。
先日、私が風邪を引いてしまい夫に夕飯は適当に済ませてくれと連絡した。
帰宅した夫はレトルト粥やウィダーインなどを買ってきてくれた。
夫が買い物したスーパーで働いているAさんが「私さんちの旦那さんがね・・・」と井戸端連絡網を回した。

連絡網を聞いたBさんが自宅で「私さんちの旦那さんはこうなのに、あんたは・・・」と旦那さんに愚痴を言った。

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1397802500/


69 : 名無しさん@おーぷん 2014/05/05(月)10:13:01 ID:???
マイホームを建てて引越しを終え、ご挨拶のご近所回りをした時に
隣家の奥さんが「お隣さんが同世代で嬉しいわ」と歓迎してくれた。
「仲良くしてくださいね」とか言われて、
その時点ではおかしな人だとは思わなかった。
お互い犬を飼っていたので、散歩途中に会ったりすると少し立ち話をする程度には仲良くなった頃
なんの脈略もなく突然Aさんに
「今度あなたの家のデッキでBBQやりましょうよ」と言われた。

表からは植木等でよく見えないけど、我が家にはウッドデッキを設置してある。
ちょっとお茶が出来る程度には広くてテーブルも置いてある。
でも本当の設置目的は、たまに遊びにくる義母が車椅子で玄関からは入れないので
ウッドデッキにスロープを取り付け、そこからリビングに入ってもらう造りにしてあるんだ。
回覧板持ってきたときにデッキがあるのは見えるけど、
互いの家に行き来したこともまだなかったのに
何故急に「うちでやりませんか?」ではなく

「あなたの家でやりましょう」になるのか。

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1409295670/

172 : 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)21:37:36 ID:???
10年以上前の話。
我が家のはす向かいにあるラーメン屋のおばさんはすごい子供好き。
長い休みには親戚の子供預かって面倒みたり、近所の子供も自分の子供の様に構ってた。
私もよく配達や買い出しに連れてって、ジュース奢ってもらったり、学校帰りに家まで乗せてもらったりした。 


ある日、(いつもみたいに)買い出し帰りのおばさんが「〇〇(私)ちゃん乗っていかんね?」と声がかかって家まで乗せてもらった。そしたらおばさんがいきなり、
「よし!〇〇(私)ちゃん、乗車料金600円ね!」 

えっ!( ; ゜Д゜) 

咄嗟に「小学生は半額だよ!」と主張した。 
「じゃあ、300円ね!」 


私は冗談だと思って、いつもみたいに駐車場で降りてそのまま忘れてしまった。 

このページのトップヘ