スポンサードリンク

カテゴリ:感動

転載元:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/tomorrow/1392850534/

522 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/05/28(水) 14:35:26.65
前置きが長い&スレチだと思うのだけどご容赦を

うちの息子は日曜の朝は一緒に朝食を済ませて鎧武を見るために必ず7時に起こしに来る
そして鎧武を見終わると息子の今日の鎧武はあーだこーだだったとプレゼンタイム
しかし俺は悪い父で疲れのせいか毎度その最中に眠ってしまう
起きた時には息子から「お父さんまた寝てた!もう大嫌い!!(●`ε´●)」と言われてしまう
これが我が家の日曜朝の恒例行事

今月のGWに両実家(俺と嫁は幼なじみで実家は近所)に向かうために飛行機に乗っていた時
息子がお爺ちゃんお婆ちゃん達とこんなことする約束した!とかお父さんも一緒にやってよね!
とこれからの楽しみについて語っていたのだが、俺は悪い父だよ。
その話を聞きながらもうつらうたらとしてた

スポンサードリンク

転載元:http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1419836619/

773 : 名無しさん@おーぷん 2015/07/25(土)08:30:09 ID:KMH
見方によっては「泥棒猫」になるのかも。。。馴れ初めスレが見当たらなかったのでこっちに。。。

夫 32歳 会社員
私 26歳 専業主婦
前妻 たぶん32歳 専業主婦(だった)

私は短大を出たあと少し渡り歩いて、今の夫が勤めていた会社に、派遣社員として入りました。その時に、私についてくれたのが今の夫です。
前の会社では、派遣社員だからと高圧的に接せられたり、周囲のにもパワハラみたいなこともされたりしていたので、少し不安だったのですが、今の夫は違いました。
余り物覚えの良くない私にも、何度でも嫌な顔ひとつせずに教えてくれたり、励ましの言葉をくれたり、丁寧語で話しかけてくる腰の低い優しい人でした。
顔もカッコ良くて、
「いいなぁ。こんな人が旦那様になってくれたら幸せな生活だろうなぁ」
と思いつつも、結婚指輪をしていたので、
「こんな良物件が残ってるわけないよね。。。」
と、諦めてしばらくそんな状態のまま過ごしていました。
ある日、会社のトイレから泣きながら出てきた夫を見つけて、何の気なしに
「どうしたんですか?」と聞くと、
「ごめん。大丈夫だから。ありがとう。」って。
でも、泣くような人じゃなかったので、
数日日をはさんで、夫の退社のタイミングに、
「本当に大丈夫ですか?私でよければ相談にのりますよ?」というと、
奥さんのことでした。中身をまとめると、

転載元:http://open01.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1400987965/

1 : 名無しさん@おーぷん 2014/05/25(日)12:19:25 ID:M7mfLLAV3
慕われたったwwwwww
4 : 名無しさん@おーぷん 2014/05/25(日)12:25:46 ID:Wg3hUIIWy
勝手に語るか
仕事がおわってコンビニに寄って晩御飯買うのが俺の日課なんだが
この前3人組のDQNに絡まれたんだ

高校生位のやつだったんだがテンプレの様に俺の肩をくんで
「お兄さんお金かしてww返さないけど」って言いながら俺を裏に連れていったんだ

転載元:http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1395729995/

427 : 名無しさん@おーぷん 2015/03/08(日)15:37:59 ID:???
主人は、私が高校生の頃に付き合っていた彼氏の友人です。

当時の私は若気の至りで彼氏に未経験を捧げて、家も近所だったので毎晩
家を抜け出しては彼氏と一緒に過ごしていました。そして行き着くところは
妊娠。結局、両親に相談するしかなく中糸色。彼氏とは別れさせられ、学校にも
知られてしまい自主退学になりました。

当の彼氏は、他の女の子も妊娠させていて、彼氏は高校を中退。妊娠した
彼女の卒業を待って結婚ということに。私はというと、もう身も心も
ボロボロで部屋に引き篭もりになってしまいました。

転載元:http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1438314669/

846 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/03(火)18:44:10 ID:D0o
私の中では黒い過去。
四年付き合っていた年上の彼氏がいて、なんかセッ◯スもマンネリしてたし、結婚も考えてなさそうだし、潮時かな~と思ってた20代前半の頃の話。
夕飯をちょっといいレストランに食べに行って、デザートに差し掛かった時のこと。彼がいきなり、「携帯電話を車に忘れてきたようだから取りに行って。」
と私に言ってきた。真冬だったし、正直、(はぁ?なんで私が?寒いのにおめーがいけよカス。とってきてやるけど携帯叩きつけて別れよう。)
と、別れを決心した。ところが私がレストランの外に出た途端、

転載元:http://kanae.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1418642426/

932 : 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)11:15:49 ID:yHq
衝撃的といえば親父がBIGを当てたことだな。
そして数千万単位で東日本大震災関係の色んな所に寄付した。
残りは家のリフォームと趣味を自営業としての資金にしたぐらい。
今でも億のお金を持ってる。
尚自分が死ぬまで一銭も子供の俺に与えることはしない宣言してるので、当たってから一度も何かを買ってもらったことはない。
強いて言えば実家に帰った時に外食で回らない寿司に行くぐらい。

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1430589586/

77 : 名無しさん@おーぷん 2015/05/06(水)02:04:56 ID:WYo
書き捨て 自分語り ぐだぐだごめん

俺さ、先月初任給もらってさ
親もそんなに高収入じゃないのに、仕送りしてもらってて大学院まで出させてもらったんだ
初任給もそんなに高いもんじゃなかったけど、やっぱり恩をちょっとでも返したいと思ったからプレゼントをあげるって言ったんだ
実家が九州で、俺は関東でてるから、今度実家に帰ったときあげるから欲しいもの考えといてって電話して

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 01:44:33.80 ID:X/GTnrr20
俺は今19歳
保育園の時担任だった先生と結婚することになった
3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 01:45:34.31 ID:jr96+RVH0
??????????
4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 01:45:59.49 ID:nmeoej7T0
は?









は?

転載元:http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1100174799/

538 : 素敵な旦那様 2005/06/14(火) 13:17:44
1 名前: 恋する名無しさん 投稿日: 2005/06/03(金) 14:37:31
3年前俺は事故で完全に盲目になった
当時付き合っていた彼女は、普段は俺が大好きだとか愛してるとかそればかり言っていたくせに
俺が目が見えなくなってしまってから手のひらを返したようにいなくなった
結婚までしようと俺は考えていたので本当にショックだった。俺はその程度だったのかと
それからの生活は一変し、気づけば周りの人達は俺から離れていなくなっていた
はじめは暗闇の中での生活に恐怖を感じていたので周りに気を向けるヒマもなかった
気づいたころには友人とも付き合いはなくなり、
元々仲がいいわけではなかった兄もしょうがなく面倒を見てるといった感じ
そもそもこの事故は前彼女を庇った時に巻き込まれて失明したので、いなくなった前彼女に怒りや憎しみを覚えることすらあった
今思えばその頃は怒りを向けることで一時的にでも自分のことから逃れられていたのでそれが楽だったのかもしれない
しかししばらく時がたつとそれすらも億劫になるようになり、毎日ボーっとするだけの日々をすごすようになった
何かをやろうとしても目が見えないのだから何もすることが出来ない
一人では何ひとつできることがないのある
何度も死んじゃおっか…とも思った
けれどそんな俺にも2人だけ頼れる友人がいた
中学時代からの本当の親友A(男)とB(女)
嫌なことも楽しかったことも色々あったが、目が見えない中そいつらとの楽しかった日々の思い出だけがいつまでも焼きついて離れない

転載元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1356142807/

691 : おさかなくわえた名無しさん 2013/02/05(火) 20:53:11.93 ID:+qB3TnDm
昨年のこと。
入籍翌日がちょうど土日だったので、京都に一泊旅行をしました。
新婚旅行ではなく、何となく節目を二人でお祝いし

たかったので、急に思い立って決めた旅でした。

その日の夕食は宿泊ホテルで食べようと、奮発して最上階のフレンチレストランに行きました。予約はしていません。
コース最後のデザートがでてきてびっくり!happyweddingのデコレーションとキレイに盛り付けられたスイーツ、
「おめでとうございます」の言葉と素敵な笑顔をお店の方からいただきました。
旅行予約時もレストランでも結婚祝いだと伝えたことはなく、主人も何がなんだか訳がわからず、
「何で知ってるの??」と、二人でただ感動してしまいました。

このページのトップヘ