スポンサードリンク

カテゴリ:ガクブル

転載元:https://hayabusa6.5ch.net/test/read.cgi/occult/1338006880/

262 : 本当にあった怖い名無し 2012/06/10(日) 20:28:03.43 ID:NcIfy0EmO
息子の事なんだが、ちょっと不思議だったので投下します。

2010年12月。仕事の関係で、都内から埼玉県へ引っ越した頃のお話です。
ちょっと時期を遡って、息子の紹介をしておきます。




スポンサードリンク

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1506413852/

541 : 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)12:36:07 ID:WZY
従兄のシ因が衝撃だった。

まだ30代で亡くなったので事故か?と思ったら病気で癌とかじゃない、風邪が原因だっていう
なんでも風邪を引いて会社を休んで、熱も下がったし明日は出勤するわ〜と言って寝たその夜に急変


転載元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/ex/1501839917/

905 : 恋人は名無しさん 2017/08/02(水) 14:24:32.42 ID:W5SOPP1p0.net
ちょっとおもい話なんだが・・。
昔から何故か変な女に付きまとわれていて、付き合ってもないのに付き合ってると言いふらされたり、
知らない女からストーカーとかされる。

転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1402021095/

626 : おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/06/25(水) 11:25:10.40 ID:utupAIVE.net
流れ切ってごめん。

実家にある一部屋が実は座敷牢で、一般的な家庭にはこの部屋がないと知った時が衝撃的だった。
三方を山に囲まれて自販機や公衆電話もないような集落で、うちに限らず

転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1151406479/

193 : 本当にあった怖い名無し 2006/06/30(金) 17:34:08 ID:uoC/HSlxO
自分なりに恐かった事を書いてみようと思う。
もう4、5年は経ったし、何より関係者全員無事に生きてる。
恐い思いだけだったんだからいいやと思う反面、やっぱりあれは何だったのか不思議で仕方がない。


転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/company/1035546757/

243 : オカメイソコ 02/11/01 02:20 ID:I4TpILJT

数年前、当時の彼氏との話。

私は実家、彼は一人暮しだったのですが、中距離恋愛で家がかなり遠く、
お互い仕事も忙しく休日もずれていたので

転載元:https://kateich.net/test/read.cgi/bbs/1493495662/

429 : 名無しさん@家庭ちゃんねる 2018/07/15(日) 04:06:16
どこに書いたらいいかわかんないのでチラ裏に。
gdgdで長いです。
2年前に職場で暴れてそのまま警察→病院に入れられた人と会って来た話。



転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1464237313/

857 : 名無しさん@おーぷん 2016/08/27(土)02:52:57 ID:uvI
小さい頃の怖かった修羅場。
小学生の頃自転車で友達の家に向かう途中に原付に乗ったお兄さんに道を教えて欲しいと声をかけられた。

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1423608207/

987 : 名無しさん@おーぷん 2015/04/01(水)10:19:13 ID:HBb
最近したホラーゲームの中で、似たような状況があってふと思い出した。
確か小学5年生くらいの時の話。なんか書いたら長くなった。

私は母に連れられて、同い年の従姉妹のA子と外でご飯を食べて、その帰りにいきなり見知らぬ場所に連れて行かれた。

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1516440733/

740 : 名無しさん@おーぷん 2018/06/20(水)05:11:21 ID:Vu0
怖い話かもしれない。
大学生のころ、住んでたアパートで毎晩夜泣きの声が聞こえていた。
私の実家は田舎で、私が実家にいた頃から兄一家も一緒というか敷地内の離れに住んでいたから、子供の泣き声には慣れていて特に迷惑とかは感じてなかった。

このページのトップヘ