スポンサードリンク

カテゴリ:修羅場

転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1257357603/

505 : 恋人は名無しさん 2009/11/16(月) 19:18:46 ID:Ze0qZa/9O
つながりにくいんでゆっくりだけど投下します。去年の話。

俺と彼女は付き合って2年。新入社員同士励まし合ってたのがきっかけだった。
オレンジ色が似合う彼女で、一緒にいると気持ちが明るく前向きになれた。



スポンサードリンク

転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1311482846/

559 : 名無しさん@HOME 2011/08/03(水) 11:14:24.11 0
先々月うちに知らない女性がきた。
インターホン越しに対応していたんだけど、何を言いたいのかわからないが、旦那の知り合いだというのはわかった。
5分くらいして女性は帰っていった。

転載元:http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1172689289/

22 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/06(火) 11:57:04
朝、見慣れない指輪を妻がしていた。
ピンク色のかわいらしいやつ。
色白な妻によく似合ってるし、何も言わないと怒るし、と


転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1423328963/

740 : 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)12:01:18 ID:XV4
同僚に因縁付けられた話する。俺の車は街中でもよく見るプリウスだけど限定のカラーなんで同じ色のプリウスは滅多に見ない。
だから俺の知り合いが同色のプリウスを見ると俺のかな?と気付く可能性はむしろ下手な車より高い。
んで俺はそのプリウスを通勤に遊びにガンガン乗り回してる。ここまで前提。

転載元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1242599947/

679 : おさかなくわえた名無しさん 2009/06/05(金) 02:22:11 ID:awgWug3C
耳鼻咽喉科の待合にいると、50くらいの知的障害者の男性が引率者とやってきた。
10分程すると、「まだですか!」「まだですか!」と立ち上がって大声で喚きだした。
引率者は平然と無視。

転載元:http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1419836619/

579 : 名無しさん@おーぷん 2015/06/16(火)13:38:40 ID:UKT
いわゆる勘助ってやつだと思うんだけど、以前デパ地下でバイトしてた時に要注意扱いの男性客がいた
2日に1回くらい来て、何人か特定の女性店員にだけ話しかけて何も買わずに帰ってく
私もタゲられ、うちは父子家庭でさーとかの自分語りや、

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1453712617/

664 : 名無しさん@おーぷん 2016/01/30(土)15:33:19 ID:oa4
ついさっきあったこと
電車に乗ってるとき、片足のない女性が特殊な杖?を突いて乗ってきた
(スカートをはいていて、足が無いことは一目でわかる)

転載元:http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1208189826/

250 : 可愛い奥様 2008/05/06(火) 14:48:41 ID:Wf6R8Q8d0
色々と精神的に辛い出来事が重なって、数年前に大学を中退。
それ以後、職に就く事もなく、自宅療養&家事手伝いの日々…。
自分でも好きでこんな生活をしている訳ではないのに、



転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1479573322/

163 : 名無しさん@おーぷん 2016/12/03(土)19:14:52 ID:oem
10代だった頃、街中で車椅子の男性に押してもらえないかと言われて
いいですよ、と言われた場所まで押していったことがある。
よく覚えてないんだけど、確か傾斜地で車椅子だと辛いだろうな、

転載元:http://life8.2ch.net/test/read.cgi/live/1192574129/

855 : 名無しさん@HOME 2007/10/20(土) 23:09:52
流れ豚切ってカキコ
かなり下品です。ごめんなさい。
結婚前からチクチクと嫌味を言ってきたり、私の分の食事に髪の毛が大量に入っていたりと
ほぼテンプレ通りの嫁いびりをしてくださっていたトメ。


このページのトップヘ