最新ピックアップ記事!

カテゴリ:修羅場

転載元:https://anchorage.5ch.net/test/read.cgi/live/1262833303/

980 : 1/2 2010/01/15(金) 17:53:09
新スレまでの梅にママ友の話を投下。了承済み。
長文嫌いな人は飛ばして下さい。

市がやってる妊娠したママ向けの出産子育ての講習会での話。

転載元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/live/1442298867/

361 : 名無しさん@HOME 2015/09/18(金) 00:38:52.12
一昨日と昨日あったことを吐き出してく
昨日会社から帰ろうとしたら四年前に女連れて出ていったはずの元旦那がロビーで待っていた
パートさんに出されたお茶を飲みつつ私が来ると「帰ろっか*」って言って手を引かれた

転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1512121545/

1 : 名無しさん@おーぷん 2017/12/01(金)18:45:45 ID:vjW
半年経った今になってガチで訴えてきたみたいで会社が業務停止処分になったんやが…
2 : 名無しさん@おーぷん 2017/12/01(金)18:46:46 ID:p7C
そら会社が悪いからな

転載元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1507703100/

273 : 本当にあった怖い名無し 2017/11/06(月) 16:17:40.15 ID:1zfpW45b0.net
昔スタイリストには程遠い見習いだった頃、女性で30才前後のお客だったかな?…同期の男がシャンプーしてた。
シャンプーに入って15分位だったかな…「イ“ヤ”ーーーーッ!!」って悲鳴とも怒号とも取れる大声で


転載元:https://life8.5ch.net/test/read.cgi/lifesaloon/1153225549/

74 : ななしのいるせいかつ 2006/07/30(日) 19:40:31
母が雨の朝、砂利道で転んだ。
顎を切り、血を流して、一階から寝ている私に向かって
声にならないうなり声の様な声で呼びかけた。



転載元:http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1528260764/

56 : 名無しさん@おーぷん 2018/07/18(水)04:43:46 ID:ucA
天涯孤独と言ってるけど所謂恥かきっ子で、放置子だった事と中卒だった事
夫が敬愛してる夫の従姉に19~29までの10年間を捧げた事、夫より夫の従姉を愛してる事

年行ってから出来た末っ子で、親も姉や兄も私に興味がなくて放置子だった

転載元:http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1525931219/

817 : 名無しさん@おーぷん 2018/08/11(土)11:50:39 ID:yHE
母親が亡くなってから悲しむ暇がないくらい問題が発生しまくってる
母親がデモデモダッテだったのが一番悪いんだけど、借金の連帯保証人や親戚の家屋敷を勝手に担保にして返済しなかったくそ伯父の施設の保証人になっていた

転載元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/baby/1380874346/

765 : 名無しの心子知らず 2013/10/15(火) 09:56:38.05 ID:GVlH5qGz
幼馴染みでママ友でもあった人が段々と泥棒になった。
某通販で後ろにリボンのついたワンピースを一緒に購入して色違いで着せたのが発端。
そのうち私の家に届けてもらって、後から幼なじみと子供が遊びに来た時にお金もらって、品物渡す形になった。



転載元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1486762279/

51 : 名無しさん@おーぷん 2018/01/27(土)05:00:21 ID:aQt
高校のときに歯医者に行った時に起こった修羅場。
その日はすごく混んでいて、長い間待たされてやっと自分の名前が呼ばれて診察台に。
診察台に座った瞬間、先に他の診察台に座っていたお婆さんが変なイビキをかき始めて起きなくなった。

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1532966349/

428 : 名無しさん@おーぷん 2018/09/23(日)20:23:03 ID:wVh
うちは再婚家庭で、兄だけ母の連れ子、私は母と父の実子
私が物心つく頃にはもう兄は荒れてて親をよく困らせてた

私もいつもいじめられててある日、