最新ピックアップ記事!


転載元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1345078430/

12 : おさかなくわえた名無しさん 2012/08/17(金) 03:34:08.73 ID:ymTGQ43I
スタバの外のテラスで待ち合わせをしてた。
遅れてやってきた彼。
私の注文したチャイティーラテは既に空。


転載元:http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1292246851/

259 : 可愛い奥様 2010/12/27(月) 17:18:19 ID:YcV7LEnTO
おそらく幼稚園の時だったと思う。
友達6人ぐらいで、歩道から車道に、走ってる車へ石を投げつけて遊んでた。
投げたらすぐに脇の塀に隠れて、バレてないと思い
何度も何度もやっては、笑っていた。


転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1251426908/

49 : 本当にあった怖い名無し 2009/08/31(月) 04:30:56 ID:7VuI5CaOO
ガキの頃、妹が毎日やってたドラクエの冒険書を消してやったら泣いてたぜアイツ
はぐれメタル2匹仲間にしたからイキがってたから、スカっとしたぜ!
その夜、泣きじゃくる妹が寝たあと、顔にまたがって屁をこいてやったぜ!


転載元:http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1292246851/

382 : 可愛い奥様 2011/01/04(火) 17:20:11 ID:3CoGYa1R0
数年前の冬、夕方の公園を歩いていたら植え込みの中に未開封の蒲鉾が大量に落ちているのを発見。
ふぐ入蒲鉾、うに入蒲鉾など高そうな蒲鉾が全部で50本以上あった。賞味期限はその日付けだった。


転載元:http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1267024098/

723 : 可愛い奥様 2010/04/11(日) 00:35:12 ID:Hr8qSNH/O
自分の黒歴史
昔に付き合ってた彼が、元893でシリコンボールが2個入ってた。
その彼は元893だけど、企業舎弟みたいな感じで、現役893とも付き合いが有り、893の抗争に巻き込まれ、相手893が1人タヒ亡。


転載元:http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1267024098/

963 : 可愛い奥様 2010/04/17(土) 08:35:49 ID:3XWDcgogO
中学生の頃、バレンタインの日に好きな男の子の下駄箱にチョコを入れた。
好きな男の子の名前を書くのも恥ずかしくて(○○君へ、とか)
自分の名前と好きです、だけの手紙を付けた。


転載元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1325176271/

95 : 彼氏いない歴774年 2012/01/09(月) 02:06:50.28 ID:C5is1EsJ
小学校五年生の時クラスに知的障害の子がいた。授業中いきなり聞くに耐えない*ネタを叫び出したり、
ヨガみたいな体制で足の爪かじってたり、鼻くそあちこちになすったり、イチモツだしたまま校内ふらふらしたりと、
まさに2ch用語で言うところの地商だった。
そんなんだからその子はクラス中から汚物扱いされてたし、男子の中にはその子にわざとタッチしたあと
お決まりの「地商菌~」ってやって女子に嫌がらせするのもいた。

転載元:http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1267024098/

997 : 可愛い奥様 2010/04/21(水) 16:42:31 ID:5c6xXAcb0
20年ほど前、レンタルビデオ店でアルバイトしていた時、バイト仲間と付き合っていたが
そいつがすごい錬金術師だった。
長期延滞者リストを作成し、個人的に回収を始めた。


転載元:http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1342401183/

328 : 可愛い奥様 2012/07/26(木) 05:58:20.60 ID:xJ0vllOUI
小学生高学年の時、放課後の教室で遊んでたかなんだかしてたら、
その場にいない女の子の悪口言って盛り上がったらしい男女数人が、
悪口だけでは飽き足らなくなったらしく、
その子の文房具を壊したり窓から投げ捨てたりした。


転載元:http://piza.2ch.net/occult/kako/981/981981363.html

359 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/03/15(木) 05:03
幼い頃に両親を亡くした父は、
姉がずうっと彼にとっての母親のようなものでした。
戦争中に二人して結核を患い、
供に病魔に苦しみ、克服してきたようです。
弟を育てる事で手一杯だった姉は、
婚期を逃し、ずうっと独身でした。
弟のほうは結婚して、子供、つまりは私ができました。
病魔も完全には完治していなかったようで、
姉・弟供に後遺症にいつも悩まされる日々でした。
こんな状況の中、ずうっと一人でいた姉の方は
だんだん精神のほうがすさんでいって、
その腹いせに弟の妻をいびるようになっていきました。