スポンサードリンク

転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1256312047/

917 : 1/2 2010/01/01(金) 10:15:50
夫は3人兄弟で、夫、義妹(既婚)、コトメの順の長男。
家は同居なんだけど、暮れにコトメが彼氏を連れてくると言いだした。しかも結婚前提。
なので義妹夫婦も子供連れて家に来て、

スポンサードリンク


とりあえず全員でお迎えする事になった。

私たち夫婦には小学校高学年低学年の娘息子がいるんだけど、
コトメは家の子たちを散々苛めてた。
コトメは子供は煩いし臭いしウザいし大っ嫌いだそうで、
夫と大ゲンカし、ウトメが激怒して疎遠になった経緯がある。

でも彼氏と一緒に来たコトメは
「娘ちゃん息子ちゃん久しぶりー!お姉ちゃんの事覚えてるぅ〜?
ハイお土産!娘ちゃんと息子ちゃんの好きなの何かなーって考えるの楽しくってー*」
とアタシ子供ダイチュキなの*アピール開始。
子供達はビクビクしながら小さい声で「ありがとうございます…」とお礼を言い、
コトメは「久しぶりだから緊張してるかなぁ?ウフッ」って感じ。
抱きしめられて硬直してる子供たちを救いだし、二階へ行かせた。
コトメ彼氏はニコニコしながら「コトメさん子供好きなんですよね」と嬉しそう。
私たちは笑ってごまかした。

そこに4歳の息子連れの義妹夫婦が到着。
元気に「おばあちゃーーん」と走って部屋に入ってきた義妹子、コトメ見て硬直。
コトメが「義妹子ちゃーん」と声をかけて近寄ろうとすると
「ギャーー!」と叫んで必死の形相で逃げだし、「ごあいおおおおお!!」と義妹に抱きついた。
宥めても宥めてもコトメが視界に入るたび号泣&パニック。
918 : 2/2 2010/01/01(金) 10:19:13
ああ〜やっちまった…と思ってたら、コトメが何か言おうとしたが、
義妹が「ああ、あんた子供嫌いで家の子の事苛めたしね。
小さくてもナグられたり蹴られたり罵られたりした事は覚えてるんだねー。
まああれは苛めって言うより暴行傷害だったし。
本当は会わせたくなかったけど、
まだあの時1歳なったばっかりだったから忘れてるかなって思って来てみれば…
ダメだわ、子供かわいそうだから帰るねー。お母さんまた来るねー」
そしてちらっと振り向いて「最低女」とコトメに吐き捨てて帰ってしまった。
義妹夫も汚い物でも見る様な眼でコトメを一瞥し、舌打ちした後
ウトメに「失礼します」と行って出て行った。
ちなみに義妹子が歩けるようになった頃、
座ってたコトメに義妹子がヨタヨタ近づき、ぶつかる様に抱きつき、
怒った義妹子が蛮行に及んだという経緯らしい。

コトメ彼氏は愕然としたような顔でコトメを見てたが、
コトメが私に「お姉ちゃん何言ってるのかねー!信じらんなーい!」と大声で叫び、
私に「ねえ?お姉ちゃん酷いよね?どうしたんだろ!?」とすがるような眼で見てきたので
「あ、はあ。……あっ、私お買い物行ってきますね!!!」と逃げた。
コトメ彼氏は「えっ……」と言って私を見てたけどそそくさと子供呼んで外出。
ゆっくり子供と一緒にヨークに行って帰ってきたら、コトメも彼氏もいなかった。
ウトメも何にも云わなかった。

どうなったのか大変気にはなるが、何か言ってはいけない雰囲気w
不在だった夫に事情話したら、
「片付いてほしい気持ちはあるが、あの女の本性を隠したままだったら、
そら完全に詐欺って奴だろ。人助けだと思え」だと。
たしかにそうだ、義妹たちは一人の男の人生を救ったんだ!という事で終わったw
因果応報ってこんな感じかな?w
まあでもまだコトメと彼氏の仲がどうなったかは分からないんで何だけどw
919 : 名無しさん@HOME 2010/01/01(金) 10:41:04
コトメ彼氏に対する、あなたの大人な対応にワロタw
922 : 名無しさん@HOME 2010/01/01(金) 11:04:17
コトメは「子供だから昔のことなんて覚えてナイナイ!
玩具とかお菓子とかテキトーに好きそうな物くれてやれば
『おねえ ちゃん(笑)ダイスキ!』ってなる」とでも思ってたのかねぇ…
浅はかにも程があるってもんだ
936 : 【大凶】 【1975円】 2010/01/01(金) 12:52:26
しかし、嫁イビリの一環で甥姪を苛めるコトメは何人かいたが、
実姉妹方まで暴行障害って相当だよね。しかも1歳児相手に。

このコトメ、自分の子供が出来たら躾と称して虐待するか、
とんでもないモンペになるかのどっちかしかないだろうな。

おすすめサイトの最新記事

みんなの反応

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ