スポンサードリンク

転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1303195282/

564 : 名無しさん@HOME 2011/04/26(火) 21:15:30.58 0
元カノが女優並の超美人で長身美容体型でスタイルも性格も良くて、以前は友人も多かった。
国家資格もあって仕事も安泰。なのに自己評価はとても低い。
自分と付き合うまで、ストーカーにつけ狙われること数回。

スポンサードリンク

もてない人に優しくしたからストーカーになったと考えた彼女は、
意図的にもてるイケメンを選んだが、その人たちもストーカーに近い状態にw

修羅場としては、自分と二人で居たときに
元彼乱入で刃傷沙汰に。相手は用意してた高そうなナイフを持って特攻してきて、
思わずテーブルを投げたら相手はこけて、持ってたナイフで自分の脚をぐさりと刺して血の海にw
相手は病院へ行き、そのまま逮捕されたらしい。
こちらは事情聴取で恥ずかしいことまで聞かれ、結局は何もお咎め無し。

実は彼女は性格的にもダメンズ好きでした。
なぜ自分と付き合ったのか聞いたら、非モテっぽいキモオタに邪険にされるのが心地いいとかw
さすがに傷ついたw

例の刃傷沙汰のおかげで遠距離になって数年後別れて、彼女も俺も別の人と結婚。
選んだ男はDVモラ男。

先月、娘(ニュウ児)が虐待されてることで、いきなり目覚めてから荷物まとめて実家に逃げたらしい。
時々彼女から「会いたい」と言われるが、「離婚が成立してからね!」と逃げる日々です。
565 : 名無しさん@HOME 2011/04/26(火) 21:34:00.19 0
離婚成立したら会えると勘違いするのでは・・・
566 : 名無しさん@HOME 2011/04/26(火) 21:44:19.96 0
>>564
彼女、父親との関係はどうだった?
567 : 名無しさん@HOME 2011/04/26(火) 21:48:29.26 0
>>564
他板でヒモ家庭に育った子供の話してたんだけど、そこに出てきた人のことかと思ったよ
そっくりだ
568 : 名無しさん@HOME 2011/04/26(火) 21:59:23.26 0
なんでそこで、「離婚が成立してからね!」なんて返すんだろう。
今度は自分の妻を巻き込んだ修羅場を体験したいってことかな
569 : 名無しさん@HOME 2011/04/26(火) 22:00:11.53 O
>>564
まあ精神的にぼろぼろな状態で、今までつきあった男の中で
人間的に最もまともだったであろう564にすがりたい気持ちなんだろうが
他に相談する人いないのかな。うかつによその男にすがって
浮気状態になるといざ離婚の時に取れる慰謝料も取れなくなるぞ
570 : 564 2011/04/26(火) 22:13:37.35 0
>>565
本当に困ったもんだと思います。理解されないことも多いですから。

>>566
家庭板的な用語を使うと「空気」だったそうです。
思春期以前はうざい親父だったらしいですけどね。
ちなみに父親の部屋を漁ったら、色々怪しい物を見つけたとか言ってました。

>>568
全く理解されないと思いますが、自分の嫁と元彼女は今も親友です。
自分の妻も「離婚成立したら、うちの旦那を派遣するよ。いずれは4人で住もう」みたいなことを言ってます。
何かこじれて修羅場になりそうで、すごく心配。

>>569
それが一番怖いですね。目覚めたからには最大限の権利を主張して欲しいと思います。
572 : 名無しさん@HOME 2011/04/26(火) 22:28:30.43 O
>>570
すごく心配、じゃねーよ。言っちゃ悪いがお前の嫁も随分なお花畑だな
生活習慣も何もかも違う赤の他人しかもニュウ児持ちと一緒に
円満に暮らして行けるはずないだろ。アホか。親友なら離婚成立したら~
じゃなくて離婚の成立と元彼女の自立の手助けしてやれよ
577 : 564 2011/04/26(火) 23:10:18.06 0
>>572
現嫁と元カノは高校時代に付き合ってました。
最も心配なのは、落ち着いたら自分が捨てられるかもってところですw

おすすめサイトの最新記事

みんなの反応

  1. 1 渡る世間の名無しさん 2017/11/03 03:33 id:m9g5CLUm0
    え、レ/ズ
  2. 2 渡る世間の名無しさん 2017/11/03 10:58 id:wp6CZu4D0
    衝撃の展開・・・。
    だったら最初から男を相手にしなければよかったのでは
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ