スポンサードリンク

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1459261513/

227 : 名無しさん@おーぷん 2016/04/02(土)01:16:28 ID:0S5
ずっとムナ糞悪くてどうしても忘れられない傷を話します。
私は発達障害を持っています。
高校の時に発達障害ことを今は絶縁した元友達に隠して普通の振りをしていました。

スポンサードリンク


しかし、元友達は私の発達障害特有の特性(動きに落ち着きがない、話が苦手な事等)を毎日責めるように問い詰めてきました。
(「話がかみ合わないんだけど」「無駄な動きが障害っぽいからやめて!」「私ちゃんって自分のことしか考えてないよね」等他)
私は、元友達と話してもすぐに文句をつけられる&わがままを言われる毎日で精神がボロボロでした。
ある日、学校行事の時に一緒に歩いている時に「私ちゃんの事アスペだって疑うよ!?」「精神科いったら!?」と言われ、私は泣いてしまいました。
そう言われた次の日から私は元友達と絶縁することを決意しました。着信拒否もしました。
全く話さなくなってから数日、その元友達はメールで「私ちょっと、酷いこと言いすぎた。ゴメンネ!」と、一通のメールが来ました。(その元友達はメアドを変えてメールを送ってきました。)
私は元友達の事を激しく憎んでいたのでメールを無視しました。
いくら無視し続けてもしつこく「許して!」「仲直りしよ」等のメールが何通も来たので私はとても腹がたちました。
しかも、その元友達は「私、何も悪いことしてないでしょ?」と書いてあったメールが一番腹がたちました。
それからその元友達から手紙も届きました。私にとってはその手紙はただのゴミクズにしか見えなかったので読まずに破り捨てました。
今でも、その元友達に殺したい程に復讐がしたくて堪りません。
ああ、元友達が激しく憎くて堪らない!!

長文愚痴失礼しました。
228 : 名無しさん@おーぷん 2016/04/02(土)01:19:40 ID:0S5
227の者です。

その事があったせいで私は人と話すことにとても緊張してしまってまともに人と話すことが出来なくなってしまい、
友達という言葉も大嫌いになりました。
230 : 名無しさん@おーぷん 2016/04/02(土)01:34:43 ID:4sB
>>227-228
簡単に許しなさいとは言えないよ。理解が足りなかったとは言え、あまりにも言い方が酷すぎる。
そいつの立場から見たら、友達一人を失う暴言を吐いた人間として、227の記憶に残り続ける。
今も高校生?それとも、もう卒業した?
今は発達障害を個人が持つ特性として理解され始めてる。
そいつ自身がいつか他人への配慮の無さで本当に悩む日が来るだろうけど、227にはもう無関係の人間だから大丈夫。
245 : 名無しさん@おーぷん 2016/04/02(土)11:30:23 ID:Kmx
>>227
友達の言い方も悪かったのかもしれないけどさ、発達だって隠して普通のふりしてたって、当時既に自覚があったんだよね?
普通に見えないから、発達だのアスペだの言われたんでしょ?
事実、発達持ちなんだから謂れのない悪口じゃないよね
なにか障害があるなら、診断受けたほうがあなたの為だと思って言ってくれてた可能性はないかな?
「発達じゃないの?普通なら普通にしなよおかしいよ」って、思っても言わずにFOするのが普通だよ
友達だと思ってたからこそ、わざわざ口にしたんじゃないかとは考えられない?

「私悪くない」って友達の言葉がどの時点かわからないけど、傷つけたと思って謝罪し続けても聞く耳すら持ってもらえなくて逆ギレした結果なら、若いうちだし仕方ないかなとも思うよ
なんにせよ「悪くない」発言は許せるものじゃないけど、そんな復讐したいほど恨むってのは逆恨み感あると思ってしまう
250 : 名無しさん@おーぷん 2016/04/02(土)12:09:52 ID:dNt
>>227
発達障害を言い訳にする方もクズっぽいし
発達障害をわざわざ隠してそんな面倒な自称友達と付き合い続けるのも頭悪いね

とはいえ、その元自称友達が粘着してきて
メンヘラ臭くマウンティングしてくるのが
そもそもの元凶だし卒業してから苦労するのは目に見えてる
そういう関係はこれからいくらでもあるからね
いちいち憎んでたら身がもたないよ
痛い勉強料だったと思っとくといい

おすすめサイトの最新記事

みんなの反応

  1. 1 渡る世間の名無しさん 2017/09/06 15:05 id:Bj1e23P.0
    バカバカしい
    こんなバカのせいで人と話すのがトラウマになるとか人生損だぞ
    きれいさっぱり忘れとけ
  2. 2 渡る世間の名無しさん 2017/09/06 16:28 id:QlH3aAAk0
    発達障害を言い訳にして、っていっても、それって脳性麻痺を言い訳にしてドッジボールのチームに入るのを拒否することを責めるようなもんだろ
    ※1とか、そういうことができないから障害なんだよ
    それができれば健常者なんだよ
    損得の問題じゃないんだよ
  3. 3 渡る世間の名無しさん 2017/09/06 22:12 id:vugqsDmd0
    実際の報告者と友人のやりとりを見てないから何とも言えない。
    報告者に暴言を吐く友人も悪い。でも最初に発達であることを隠して、つまり友人に嘘をついて、友達付き合いを始めたのは自分なわけで、それも悪い。
    双方に問題があるのが明らかな上、一方の意見しか聞かずに善悪は判断できないだろ。

    まぁ、それでもこの報告者に言うとすれば、「そんやつのことはさっさと忘れた方がいい」しかないな。
    復讐なんて結局は気持ちの問題。
    なら、忘れて他のことに時間や労力を使うほうがいい。
  4. 4 渡る世間の名無しさん 2017/09/06 22:38 id:2SHutJ9D0
    でもその友人の言をみるに、障害をどうにかするか公言して逆手に取るかしないと深く付き合ってくれる人は中々いないのではないか。話が通じない人って本当に疲れるし。
  5. 5 渡る世間の名無しさん 2017/09/07 07:34 id:VGVXz6qX0
    隠す自分が悪いんじゃないか。つまらないプライドを優先して、隠さない場合のメリットを考えなかったのが悪い。
  6. 6 渡る世間の名無しさん 2017/09/07 11:23 id:C6kkmIqE0
    精神病ではなく、別の病気で例えてみる。
    内臓疾患を持ってて、しょっちゅう便所に駆け込まなきゃいけない人が居たとして、友人が「オマエ、そんなにしょっちゅう便所に行くって内臓が悪いだろう?一回、病院に行けよ」と忠告することが悪いことか?
    素直に「病院に行ってるんだけど治らない。迷惑をかけてごめんね」って言えばすむ話だよな。
    内臓疾患があると言いたくなくて号泣して、絶交、憎くて憎く仕方がない!!!
    うん、ガイ/キチだねw
  7. 7 渡る世間の名無しさん 2017/09/07 12:04 id:1zfJzDU00
    これは友人の話も知りたいわ
    報告者は文句やわがままを言われたと言ってたが、そこまで疎まれてたなら絶縁されても手紙やら電話やらしないでしょう
    実際のところ、友人は報告者わ心配してたんじゃないのかな?発達障害だと隠しながら発達障害を理解するよう求めるのは難しいよ。発達障害だと伝えて貰えたら正しい対応とか勉強できるのにね
  8. 8 渡る世間の名無しさん 2017/09/08 15:54 id:9nCn7XBL0
    ※6
    内臓疾患なら病院行ってるけど治らないって言ってもそうか、じゃあ仕方ないかなってなる気はするけど
    発達障害や精神障害の場合甘えと言われて理解得られなかったり、そのまま関係切られたりする可能性もあるんじゃないだろうか
  9. 9 渡る世間の名無しさん 2017/09/09 22:56 id:TCMJYSj30
    正直、やっぱりこういう人ってちょっとおかしいところがあるんだなって
    偏見が高まった話だった
    隠しきれないのに黙ってるメリットってないよ

    挙動不審だけならともかく、やりとりでも不愉快させてたようだし
    友人も腹立てたり傷ついたりしてたんでは
    無理に許すことはないけど
    ここまで恨みを滾らせるような話じゃない
    友人の言う通り、本当に自分のことばっかりだね
  10. 10 渡る世間の名無しさん 2017/09/25 23:18 id:L0wBeKfy0
    報告者が発達って自己申告があるから報告者叩きが集中するのは、わかる
    個人的にアスペで痛い目にあったから

    が、友人は報告者以上の発達もしくはアスペでしょ
    スレの中では申告しててもリアルでは発達の診断を申告してない報告者に対して、思いやりの欠片も無いんだけど

    報告者は二次障害起こしてる発達
    その友人は無自覚アスペ、スイッチ次第で報告者の比じゃ無いキチになる予備軍
  11. 11 渡る世間の名無しさん 2017/10/13 08:05 id:dOgIRY4.0
    障害者なのが悪いんだから諦めれば良いよね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ