スポンサードリンク

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1466167347

250 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)21:46:07 ID:M8i
旦那と喧嘩中です。喧嘩といっても私が全面的に悪く、何とか許してもらう方法を教えていただきたいです。

旦那は会社員で、私は専業主婦です。結婚時にお願いしたらそうしてもらえました。
私が専業主婦にしてもらった分、旦那が遅くまで働いて稼いでくれているのですが、
帰ってくるのがあまりにも遅いこと、携帯に女から「今度一緒にディナーいこ!」というラインが来ていたことから(光ってるのが見えました)、
浮気を疑い、探偵に調査してもらいました。

スポンサードリンク

結果は真っ白で、女の影は一切ありませんでした。
それが数ヶ月前のことなのですが、先週に旦那が報告書を見つけてしまい(処分し忘れていました)
また調査に家のお金を使っていたこともバレて、あまり口を利いてくれません。
謝ったのですが、
「私の希望で専業主婦にして、その埋め合わせで働いてるのにあまりにもひどい」
と言われました。
あのラインにも、「妻がいるの知ってるでしょ?家庭が大事だから。」
と断ってありました。
このことは本当に悪かったと思っています。どうすれば許してもらえますか?
251 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)21:53:59 ID:vRY
許して貰うというか、そもそも謝る必要は無いんじゃないかな?
浮気を疑わせた時点で男には負い目があるよ
俺だったら結婚したら嫁さん以外の女性関係は一切断つしラインも交換しない
夫の脇が甘いんだから「ゴメンねっ!」で終了だよ
257 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)22:22:56 ID:AOp
家計の管理権限は旦那に返上して専業主婦名乗るに申し分無い働きをし続ける
旦那への感謝の気持ちを忘れず薄い根拠で無理矢理疑わない事だね
興信所まで使ったのはマウンティング取る為でしょ?
そういう浅はかで卑しい考えを捨てるべき
259 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)22:31:46 ID:M8i
>>257
私には調べられないなと思って興信所にお願いしました。
これまで同様、きっちりと働くつもりです。
258 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)22:31:41 ID:oy8
女の可愛い嫉妬ってやつにすり替え作戦だよ
貴方の事が好きだから心配なの、24h一緒にいたいのってな
あくまで可愛く演出して
実際ラインの女は何かのお礼とか打ち合わせのディナーじゃなくて本気で誘ってきてたんでしょ
あとは探偵代はパートに出て自分で稼ぐ事で手打ちだな
260 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)22:42:45 ID:AOp
調べてどうするつもりだったのか
それを口実に離婚して慰謝料たんまり取ろうとか旦那に優位に立とうとかその程度の考えだったんじゃないの?
それにしても旦那が結婚してるからとキッパリ誘いを断ってるのに興信所適当に使うとか余りにも当てずっぽうで杜撰だよね
旦那が一生懸命稼いだ金をドブに捨てたようなもんだし自分が疑われる逆の立場ならあんた大騒ぎするでしょ
とりあえず最低限の生活費以外の金の管理は降りた方がいいと思う
男女関係なく金の管理は向いてない人はとことん向いてないから
263 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)22:54:37 ID:M8i
>>260
謝ってもらうつもりでした…
あと、断っていたと知ったのは、旦那に発覚後なので最近のことです。

261 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)22:44:31 ID:vRY
探偵とか頼んだことないけど依頼料ってどれくらいなんだろ?
10万ぐらいかな?
263 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)22:54:37 ID:M8i
>>261
夜にピンポイントとかを連発して、土日も出て行くときは張り付いてもらってたので、
最終的に50万くらい使いました…
269 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)23:00:48 ID:vRY
>>263
サンクス、結構高いな〜
一ヶ月分の稼ぎが大半吹っ飛ぶ・・・
嫁さんにやられたら怒りはしないけど、財布はちょっとキツイかもw
265 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)22:57:06 ID:Rlv
逆の立場なら、あなたは許せるの?
267 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)22:58:03 ID:M8i
>>265
失望しますが、最終的には許すと思います
271 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)23:03:11 ID:AOp
自分は誘惑に対して妻に誠実であろうとしていたのに妻は自分を疑って興信所まで使っていた
これはショックだし妻に対する信頼を失うのは当然
誠実さを持ってゆっくりじっくり取り戻していくしかない
逆の立場でもすぐには水に流せないでしょ?
マウンティング取ろうとした人間が逆に取られるのは屈辱なんだろうけど先ずは腹見せて降伏のポーズをとるのは大事
とりあえず家計の使い込みに対する懸念は使い込もうにも使い込めない状況を作る事によってすぐにでも払拭出来るので金の管理権限は自ら申し出て手放しなさいよ

273 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)23:05:14 ID:M8i
>>271
それはもうしています。
カード類や通帳も、独身時代のものは除いてすべて旦那に渡しました。
285 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)23:28:15 ID:sGv
>>273
とりあえず、独自時代の預金から50万円返したら?
それとも、もう返した?
お金の問題をクリアにして、謝り続けるしかないと思う
289 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)23:50:15 ID:M8i
>>285
もちろんかかった費用はすべて返しました。
日にち薬と捉えるしかないのですかね…
290 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)23:56:47 ID:K4C
夫さんの絶望感、見えないのかな?
本当に申し訳ないことしたという気持ち、あまり見えない
夫さんは、あなたへの不信感から浮気するかもよ
291 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)23:59:14 ID:sGv
ちゃんと自分のお金から返したんだね
すごく無駄遣いしたと思わなかった?
疑われた上に無駄金使われてショック状態からそんなにすぐに
「いいよいいよ」
て言えないよ
本当に浮気されないように誠意を見せましょう
293 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月)00:00:55 ID:3hl
>>250です
無駄遣いというか、完全な死に金だなって思いました…
本当に申し訳なかったと思っています
298 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月)00:18:36 ID:UKk
興信所はこのくらいかかりますといった見積り金額提示してくれなかったの?
金額聞いて思い止まれたらよかったね
同じ専業主婦だけど50万の大金を家計からポンと出せるなんてすごいわ
うちなんかどう節約しようか日々考えているから、金額聞いたらビビって依頼しなかったと思う
これから自由にできるお金が無くなったみたいだけど必要なお金とかの話し合いはちゃんと出来ていますか?
300 : 250 2016/06/20(月)00:25:57 ID:3hl
>>298
最初は25万円といわれていたのですが…
一応数百万単位の貯金はあります。
また、生活費については十万円もらっていて(非常時のことも考えて)、週頭に
10万円になるようにもどしてもらっています。
レシート類はもちろん見せています。
297 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月)00:08:44 ID:OBz
>>267で自分で書いてあるように最終的に許したとしてもすぐには水に流せないし今旦那さんは失望してる段階
ここから信頼を取り戻して元通りになれるかはあなた次第
旦那さんは許したとしても生涯忘れる事はないかもしれない
それを頭に入れて今後は馬鹿な真似をしなければいいんじゃないの?
暇すぎて余計な事を考えてしまうようならまた同じ様な事しでかしたりあなたが不倫に走ったりしそうだから働けば?
300 : 250 2016/06/20(月)00:25:57 ID:3hl
>>297
とりあえず信頼は取り戻せるように頑張ります。
同じようなことはともかく、私の不倫はありえません。

おすすめサイトの最新記事

みんなの反応

  1. 1 渡る世間の名無しさん 2017/01/08 10:42 id:kcnjLYbI0
    奥さんを専業主婦にするために頑張るって、そんな事できるの?
    自分から残業しまくるとか?
    どんなに個人が頑張っても給料なんて上がらない会社にしか勤めた事無いから想像できない。
  2. 2 渡る世間の名無しさん 2017/02/04 02:41 id:pTRSwaOI0
    営業みたいに売り上げアップがボーナスアップに直結するような仕事は珍しくもないけどな
    自営ならそれこそ、寝る時間を削って仕事をすれば、ガンガン、手取りは増える(その分、命を削るけどな)
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ