最新ピックアップ記事!

2021/09/19

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1423153626/


1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/06(金) 01:27:06.40 ID:LvRgXE0M0.net
わかりやすく三行で

・旦那がいないときに限って友人が来る
・いちおう部屋にあげて旦那帰るまでもてなす(その間毎度誘われる)
・ついにそういう関係になってずるずるし
発覚して問い詰められ慰謝料請求されて離婚

だが実は離婚と慰謝料が目当ての仕組まれたことだと後日判明
いまさらだがどうしたらいい?
9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/06(金) 01:28:22.92 ID:gOKYloCD0.net
知らんがなwそういう関係になってじゃねーよwww
6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/06(金) 01:28:02.99 ID:D1jqPWZG0.net
お前がその誘いに乗らなかったら良かった

お前の負けだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:https://anchorage.5ch.net/test/read.cgi/live/1273655617/


26 : 名無しさん@HOME 2010/05/26(水) 18:07:21

母が柿の木を植えたら
「そんな物植えたりして、いつまで生きてるつもりなんですか?」
と言い放った兄嫁。

ご飯を炊けば柔らかすぎる、おかずを炊けばまずい、と文句の山。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1587729907/


815 : 名無しさん@おーぷん 21/02/10(水)09:52:38 ID:0H.ut.L1

4歳のとき、母に捨てられかけたこと。

私は高齢出産+婚外子のダブルコンボの家庭に生まれた。
母40,父60の時の子供。

父は既に奥さんがいるのを黙って「子供ができたら結婚しよう」
と話していたのに、出産し終えた母の前に奥さん連れてきて嘘だったと発覚したそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1587729907/



974 : 名無しさん@おーぷん 21/04/11(日)08:54:22 ID:X3.o3.L1

娘だと思って肩たたいたら全然知らん人で、

焦ってナンパのフリして「今日の夜空いてますか?」って言ったら。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1587729907/


824 : ■忍【LV1,バラモスゾンビ,E2】 21/02/16(火)11:39:07 ID:Br.0m.L1
数年前、中学時代からの友達が病気で若くしてなくなった。

恋にも勉強にもすごく冷めていた子だった。

そんな友達が結婚したというときには皆びっくりして、
「まさか友子が最初のお嫁さんだなんてびっくり」と言い合いながらお祝いした。

そして結婚直後、難病に侵され20代の若さでなくなった。
あれよあれよという間になくなった。

お葬式で、友達のナキガラを見て本当に悲しかったのだが、
友達のお母さんと旦那さんから「皆さんに確認したいことがある」と言われた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1587729907/


738 : 名無しさん@おーぷん 20/12/05(土)13:03:38 ID:5D.jn.L1

20代半ばの頃に上司に勧められてお見合いした。
先方から望まれ、穏やかで優しい人柄に「この人となら」と思って結婚。

でも半年ほどで離婚した。

最初に違和感を覚えたのは新婚旅行先で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1618224762/


150 : 名無しさん@おーぷん 21/06/08(火)08:12:00 ID:FV.xr.L1

閲覧注意かも

昔、幸せそうだと言う理由で僻みから嫌がらせされてる女子がいた
机の中に死ねと書かれた紙が大量に入れられたり、靴や私物を捨てられたり

だけどその女子は嫌がらせを見て、無視するか、

行為がエスカレートすると時折「フッ」って埃でも払うかのように笑ってた