スポンサードリンク


転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1252986707/

594 : 名無しさん@HOME 2009/10/07(水) 17:18:07
うちはものすごい良トメ。
何日一緒にどこにいようが全然苦にならないどころか楽しい。
なので夫そっちのけで私だけと旅行に行ったりするし、
トメさんがうちの母も誘ってくれて三人で温泉に出かけたり、
気が付いたらトメさんと母だけで海外に行くようになってたり。
まあハタから見たらかなりレアな関係だと思う。

スポンサードリンク


転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1379616566/

268 : 名無しの心子知らず 2013/09/26(木) 04:09:55.42 ID:a0Ks2n/S
息子の小学校で、学年終わりに担任に花束や子供たちからのメッセージカードを贈る計画を立てた。
有志で1人100円集金という形を取ったけど、同意出来ないのは1人だけだった。
有志だから同意しないのは自由。
ただ学年最後の懇談会で大騒ぎしたのは、不参加の1人。
そいつの言い分は、私は同意して無いのに、私の目の前で担任に渡すのは非常識!
1人でも同意してないならやるべきではない!
と大騒ぎしてみんなウンザリ。
その後小学校から公務員は金品のやり取りは〜とかの手紙が来て、わかっていても何だかな?状態
ちなみにそいつは現PTA会長。
進学先の中学では今から、PTA役員には絶対に入れないと頑張っているそうな。


転載元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1014201684/

91 : おさかなくわえた名無しさん 02/02/25 01:52 ID:6OVrHT+M
数年前の新幹線自由席での光景ですが、その日は確かお盆か何かで
新幹線の乗車率は軽く100%を越えていて通路にも人がたくさんいた。

私の近くの席におばあさんの(5人組らしいグループ)が3人がけのイスを
向かい合わせて(つまり6人分の席だった)で3人で座っていたところ、
大荷物を持ってかなりバテていた20歳くらいの女性が1人通りかかった。


転載元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1369024224/

722 : おさかなくわえた名無しさん 2013/06/08(土) 15:19:52.49 ID:BKYAXqu5
父の話だけど

父が前の職場にいたとき、気まぐれに散歩をして帰ることがあったらしい
ある日、気まぐれに踏み切りのある道を通ったら後ろからおばあさんがヨロヨロ歩いてきて、踏み切りの真ん中で転んだそうだ
おばあさんが立ち上がろうと四苦八苦してるうちに、踏み切りが鳴りだす
おばあさんはますます慌てて立ち上がれない


転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1186317355/

869 : 名無しの心子知らず 2007/08/09(木) 16:59:55 ID:ord0qxd6
セコケチだと思うんだけどすでにCOした元友人。
高校からの付き合いで出産の時期も似ててますます仲良くなった。
アパートに住んでるときから長期の旅行のときは時折来てもらい洗濯物干したりして
留守番してもらったり。
もちろんお互い様で彼女のときは私が見に行ってた。

しばらくたって我が家は家を購入。
購入後すぐに義母の様態が悪くなりしばらく義母宅に行くという話しになったときも
彼女が「私が留守番するよ」と言ってくれた。
急だったのと犬が大型犬のための預かり先が見つからず「お互い様」の言葉に甘えた。


転載元:http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1287999262/

788 : 可愛い奥様 2010/12/04(土) 23:22:16 ID:LDD7Rx4O0
自分というか両親の黒い過去だけど・・・

父と離婚した母親が母親の友人の旦那を寝取った
その友人が家に乗り込んできた。
包丁を持って。。
数日前までお昼家にきて一緒にケーキとか食べてたのに。


転載元:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1393948048/

832 : 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/07/28(月) 15:19:32.27 ID:5FjT88gN0.net
不快な内容だったらすまん。

職場で狡猾に嫌がらせをしてきた先輩の独身女。
自分は常識人でーすみたいな感じで、あることないこと上司に吹聴され
職場では浮いた存在になってしまった。毎日が針の筵みたいだった。
それまではすごく働くのが楽しかったのに。
顔が広い先輩の噂ってマジ怖いわ。どんなにおかしな噂話でも、無条件で皆信じるもんな。

で、その女がどこぞの既婚者とちゅーしてる画像をゲットしたのだよ。
自分が資格を取って転職した後、復讐開始。


転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1298638018/

440 : 名無しさん@HOME 2011/03/04(金) 00:23:02.13
流れを変えるために昆虫グミで思い出した
2週間くらい前のDQN返しを書いてもおkですか?
441 : 名無しさん@HOME 2011/03/04(金) 00:26:11.01
カモン
442 : 名無しさん@HOME 2011/03/04(金) 00:26:59.94
ありがとう、まとめてくるね
443 : 名無しさん@HOME 2011/03/04(金) 00:53:56.09
>>442
パンツ脱いで待ってるだが、寒くなってきた。靴下履いていい?
444 : 名無しさん@HOME 2011/03/04(金) 00:54:30.10
aa
445 : 名無しさん@HOME 2011/03/04(金) 00:57:12.83
>>443
靴下とネクタイならおk
446 : 名無しさん@HOME 2011/03/04(金) 00:57:29.34
>>443
その格好で外に出ちゃ駄目だよ。
万が一人様の前で、股間がこんにちはしちゃった時は、
ピーポ君を召還されちゃうからね。
447 : 名無しさん@HOME 2011/03/04(金) 00:57:50.19
>>443
パンツは穿いて、ヅラを脱ぎなさいな。

448 : 名無しさん@HOME 2011/03/04(金) 00:59:45.13
この前からパンツ脱いで待ってる人
風邪ひいてないかしら?
449 : 名無しさん@HOME 2011/03/04(金) 01:02:08.28
>>447
待て! >>443はズラが本体だ
450 : 名無しさん@HOME 2011/03/04(金) 01:05:45.55
>>443お待たせしましたwww
実物ではないけど虫描写注意


転載元:http://life8.2ch.net/test/read.cgi/live/1190553029/

837 : 名無しさん@HOME 2007/10/01(月) 13:37:53
トメが独身時代にタヒぬ思いで買ったケリーバッグを勝手に売り飛ばしてくれやがったので
トメが大事にしてる某韓流スターのポスターに落書きしてグッズを部屋ん中に放置してやった。
額に肉、ほっぺたにナルト、泥棒ヒゲに鼻皿etc中学生レベルの落書きを実行。


転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1419081989/

882 : 名無しさん@おーぷん 2015/01/25(日)11:09:43 ID:lBB
自分の中では修羅場というか、ショックが大きかったこと。
母方の祖父が「ボケた」ということに直面した時。

母の実家は関西、うちは関東だったので母方祖父母に会うのは年に数回。
それでも祖父はとても可愛がってくれて、特に自分は初めての男孫ということもあったのか特に良くしてくれた。
祖父の趣味の山歩きなんかにも文句言うどころか喜んでついていったり
歴史やらに興味があって小旅行に連れていってほしいと良くお願いしてたから
旅行も好きな祖父にとってはやはり嬉しかったのだろうと思う。
要は馬があったのだろうけども。
自分もいろんな体験をさせてくれる祖父が大好きだった。

高校生になり大学受験の頃になると夏休みに遊びにいけなかった。
現役では合格できなくて、それでも祖父は受験シーズン後にわざわざ関東に来て2泊くらいの旅行に連れていってくれた。
偶然かもしれないが、その旅行先で自分が勉強したいものを認識して、一年後に希望したところに入れた。

大学生の頃は勉強を真面目にやってて、夏休みも祖父のところに行くことができず。
それでも4年になり就職も決まって卒論も出せたので卒業前の冬、遊びにいってみた。
関西に行く前に「もしかしたら爺ちゃん、ボケてしまったかもしれないから…」と
母から聞いてはいたのだけど、志村けんのコント程度でしか老人のボケを知らなかったのであまり気にしなかった。
(父方祖父母はその頃まだまだしっかりしてた)

祖父母宅に着くと祖父は寝てて、同居の叔父夫婦や祖母と団らん。
途中トイレに立って、ちょうど起きてきた祖父と廊下でばったり会った。
俺「爺ちゃん、きt」
祖父「あんた、誰や」
完全に初対面の人を見る目だった。
ちょうど叔父もトイレに行くために通りかがって
叔父「なに言うてんの。○○君やろ、わざわざ来てくれたで。」
祖父「○○君?この人誰や、なんで知らん人が家におる?」
叔父「まあええから、飯食うか?」とリビングに連れていく。
後で叔父は
「すまんの、平気な時も多いけどたまにボケてしまって…後で思い出すかんしれんし
悪気があるわけではないから、気にせんといて。」とフォローしてくれた。
認知症ということは理解できても、あれだけ可愛がってくれた祖父が
「家の中にいた不審者」の扱いで自分を見たことがとてもショックだった。
同時に、認知症とはこういうものなのか…とも。一緒に暮らして世話をすれば確かに精神削られる。

結局、翌日の夜くらいに祖父は自分を思い出したみたいで、その後は前と同じように話をしてくれたりした。
帰る時、玄関から家の中を見ると部屋の中から手を振ってくれる祖父がいて安心した。
結局、それが最後に見た祖父。一年半後亡くなってしまった。

このページのトップヘ