スポンサードリンク

転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1322035678/

253 : 名無しの心子知らず 2011/11/28(月) 11:58:17.10 ID:T4AnG9CI
今中学生の娘が小学生の頃の話。
当時自分は手術後療養中で仕事を休んで家にずっといた。
娘はずっと鍵っ子だったので、家に誰かを連れてくるのが嬉しくて
よく友達を家によんでいた。いつも仲良しを呼ぶのだがそのたびに
知らない顔が一人混じるように。娘に聞いたら集まる話をしていると
すっと近づいてきて行きたい行きたいと騒ぐ。ちょうど同じ学年で
いじめ問題で不登校になった子がいたので、先生達が皆で仲良くと
しつこし指導していたこともあって、娘はいいよ~と軽く受けてしまったらしい。
クラスではまったく話もしない子だったので、我が家に来ても娘と仲良しの
話に入れず娘の部屋できゃっきゃやっていてもその子だけリビングで座って
いるのでこちらが気を使ってしまって、ちょっと話しかけたらそれからは
来る度に私にべったり。私がクッキーを皆に焼いていると手伝う~と
キッチンにずっといて絶え間がないぐらい私に話しかけて来ていた。
はっきり言ってしつこくてうんざりしていたけど娘が悪く言われないように
我慢していた。


スポンサードリンク

転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1285854567/

872 : 1/2 2010/10/05(火) 14:49:47 ID:l3ysW/Kt
流れを読まずに。
あまり面白いことはないんだけど…

私宅と妹宅は自転車で10分くらいの近距離に住んでるんだけど
ある日、うちの近くのスーパーから「あなたの妹が万引きをして捕まえたから
引き取りにきて」と連絡があった。
はぁっ!?何言ってるんですか?と素っとん狂な声が出てしまった。
だって当の妹はその時うちいたから。
妹の仕事が休みだったので、うちの子を見に遊びに来てたんだ。

お店の人にも、妹は目の前にいるし、誰だか知らないが悪質だから
警察呼んだほうがいいと言って電話を切った。
その後はお店からも連絡もなく、なんだったんだ?怖いね
という出来事が7月くらいにあった。




転載元:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1320109216/

110 : 愛と死の名無しさん 2011/11/05(土) 14:04:38.48
話しぶった切る長文ですまん。飛ばしてくれてもいい

俺の結婚式の話し。
当時24
新婦23

結婚が決まり親に挨拶したいと言うと、虐待やなんやらで家族とは絶縁した。と聞かされ信じた俺。もっと疑うべきだ
俺の親もその話しを信じて、「これからは私達が本当の親だと思ってね。お前(俺)も○○さん(新婦の事)を大切にするんだよ」なんて言っていた。
結婚式は、新婦の希望で俺達家族だけでのささやかな式にした。

転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1271852527/

202 : 名無しの心子知らず 2010/04/23(金) 15:05:29 ID:MHrh+WW+
携帯からスマソ
パート先の若ママが大金(20万強)拾って猫ババした話を、同じ社内の若ママグループに盛大に披露していた。
まわりのママは「いいなー」と羨望の眼差し。私ドン引き。
お金は服や飲み代で消えたらしい。

転載元:http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1343050689/

615 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/22(月) 21:24:35.42
高校生の息子に、いきなり「あんた(俺)は母さんと次男にしかいばれない男。
これからは俺が守るから、母さんと次男はもっと自由になっていい」と言われました。
それから、俺が何を言っても長男が怒鳴ってきて話にならない。
そんなことが続き、ついに別居です。
どうしたらいいのかわかりません。家族に戻ってきてほしい。
寿命を削って働いてきたのも、すべて家族のためだったのに。
家族のために辛い労働にも耐え、上司に怒鳴られ泣きながら仕事をしてきました。

転載元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1214452720/

24 : おさかなくわえた名無しさん 2008/06/26(木) 18:02:33 ID:DYbZGNJd
趣味のサークル活動をやっていた。
そのサークルはその趣味に興味があれば年齢職業関係なく参加できて
出席は強制でなく参加できるときだけ出ればいいというルールになっていた。
連絡網はあるがあくまで緊急時のみでサークル活動外で連絡することはほぼ皆無に近かった。
これらは仕事や家庭などに支障をきたさず気軽に参加できるようにという暗黙のルールだった。

ところが定年退職後に会社にかわる居場所を求めて参加したジジイがこれをぶち壊した。
新入りとはいえ最年長のジジイは他のメンバーにもサークルを会社的位置づけに持ってくるよう要求。
緊急性のまったくないどうでもいい要件で頻繁にメンバーに電話。
自宅と職場で同じ番号を使ってる自営業者にも仕事中にかけて切らせまいとする。

転載元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1223742519/

844 : おさかなくわえた名無しさん 2008/10/27(月) 00:32:47 ID:rAql0Jje
ドライブ絡みで思い出した。
会社で高感度が高い彼からドライブの申し込みをされた。昼休みの時に今度のドライブ
プランを話し合っているうちに、彼が何に乗っているか聞いたら「シボレー」という答えが
帰って来た。車に詳しくない私はさっそく携帯で検索し、家に帰って本格的に調べたら
あまり見たことはないけど大きな車だということが分かった。しかも運転席が左にあって
助手席に乗る私は右側に座ることもわかった。

それまで付き合った人は国産に乗っていたので、右側に座るというのは新鮮に感じて
ワクワクした。私は免許がないけど、デート中のドライブは自分が運転している気分に
なれるのかと期待した。

デートの日、駅前で待ち合わせした。初デートでしかも外車なのでメイクもがんばった。
時間通り彼はやってきた。徒歩で。車は近くの駐車場に停めてあるとのことで、一緒
に歩いていった。

長いので続きます。

転載元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1282110198/

271 : おさかなくわえた名無しさん 2010/09/17(金) 08:06:12 ID:xdS+zME1
5~6年まえいきなりアトピー性皮膚炎になった。子供のとき以来で、
そのときはもう大人だった。で、何をやってもデコの腫れ・痛みが
ひかないので「ステロイド」軟膏を買った・・。この「中くらい」の強さの
市販の塗り薬をひたすら顔、腕、首、胸に塗りたくった。すぐによくなって、
塗らないとすぐに再発した。
二ヵ月後。
なんだか体の中がうずき、「骨が痒い」ような状況になり、怖くなって
ステロイドをやめた。次の日。

転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1388669304/

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 22:28:24.38 ID:m3cMWu4p0
ゼクシイ買ってきた・・・
別れたい
2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 22:28:48.61 ID:B2S8ZD5R0
結局金
5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 22:29:56.51 ID:m3cMWu4p0
>>2
ほんと身に染みて分かったわ・・・
6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 22:30:13.84 ID:l08NpkbT0
はやくリストラにあった設定にしろ

いなくなりゃ計画通りだし、
それでもついてきてくれる女なら結婚しろ

転載元:http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1314937164/

655 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/11/22(火) 18:57:06.94
スレチだったらすまん

嫁が子供欲しくないという
嫁24歳俺30歳結婚2年目

結婚してすぐ俺転勤とかでバタバタしてて今年遅れて式を挙げて
落ち着いたので、子供そろそろかなぁとなんとなく思って
「子供作ろう」とハッキリは言ってないけど
「子供産まれたらビデオカメラ買わなきゃねぇ」とかよく言ってた

そしたらある日嫁が思い詰めたように「ごめん子供欲しくない」と…

理由を聞いたら
・例えば一生つきっきり介護になるような障害児が産まれたら自分に世話は出来ない
・出産で死ぬ女性は一定数居る、自分が死ぬかもってリスク負ってまで欲しいと思えない
・自分には一生かけてやりたい事が山ほどある。(嫁はイラストレーターで、個展とかもやる)
健常児であれば続けられるかもしれないが上記のような場合続けられない。

そして一番の理由は
・親が毒親で、殴られたりお前なんか居なければよかったと言われながら育った。
親が子を愛せるのは当たり前ではない。自分も子に同じ事をするかもしれない。
愛せる自信が無い。

って言われた…

長くなったんで続きます↓

このページのトップヘ