スポンサードリンク

転載元:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1293623464/

660 : 愛と死の名無しさん 2011/01/20 19:54:17
流れが止まってるみたいなので、このスレ初カキコ。長くなるかも知らんがゴメンナサイ。
新郎新婦、両親族不幸だったけど最後には新郎の株がすこし上昇した話。

私が新婦友人として参加した式。

スポンサードリンク

転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1318085469/

463 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/12(土) 00:48:24.50 ID:QtFBIube0
ある日職場に行ったらコンプライアンス委員に呼ばれた。
内容は「私さんの課でセクハラ行為があったという報告があるんだけど、
被害者は私さん?」というもの。

転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1175311643/

925 : 名無しさん@HOME 2007/04/08(日) 18:14:33
携帯から失礼します。
トメは私と二人の時にネチネチと嫌味や悪口は当たり前。(同居)
それだけならまだいいが、勝手にそーっと寝室に入ってきては寝ている私の腕や太ももを踏んできたり、歩いているときに靴のかかとの部分を踏んでこけさせたりされたこともある。

転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1327225956/

428 : 名無しの心子知らず 2012/01/31(火) 13:57:10.73 ID:arCNmDrT
かなり前、銀行で1000マソ程引き出した。
取っ手の無い紙袋に入れ更に取っ手の有る紙袋に入れてもらい銀行を出た。
車に戻ろうと立駐のエレベーターに乗ったら子連れの若い女性が二人駆け込みで乗ってきた。
紙袋を指して『それ頂戴、貰ってあげる』と言われたので断った。
 

転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1174611468/

413 : 名無しさん@HOME 2007/03/26(月) 22:33:39
このところ続いてる行動力のある勇者達に比べたら微々たるお返しですが
距離無し過干渉トメが自分から絶縁を言い出してくれた一言を。

夫が単身赴任中、ニュウ児抱えてぼろぼろだった私を連日アポ無し訪問。

転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1346916612/

501 : 名無しの心子知らず 2012/09/12(水) 19:17:58.06 ID:RK2OwaSp
まとめサイト見てて思い出し投下。
ムナくそ悪いセクハラ話しだから苦手な人はスルーひてください。


大衆向けというより、客単価高めのお店でバイトしてたときのこと。
小学生4、5年生の女の子とその親御さん三人連れがきて、厨房出入り口に一番近い半個室のテーブル席にご案内した。

転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1260194437/

297 : 名無しさん@HOME 2009/12/11(金) 14:55:58 0
8年位前に別れた男から突然メールがきた。

僕は君に本当に酷いことをしてしまいました。
あの頃は若かったし、ちゃんと謝れなかった。



転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1168136219/

34 : 名無しさん@HOME 2007/01/12(金) 14:42:09
昨日の夕飯でのことです。
同居トメは絶対に食事の支度をしないくせに、文句だけは付けてくる。
昨日は特に機嫌が悪かったみたいで、


転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1168136219/

940 : 名無しさん@HOME 2007/01/27(土) 00:43:57
古い話だけど。
新婚初の義実家詣での時。お披露目かねて親戚が集まってた。
義父の従兄弟だかに当たる、本家当主とかいうジジイがDQNだった。

転載元:http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1310352437/

409 : 可愛い奥様 2011/08/28(日) 09:41:37.00 ID:lVdFqyUn0
数年前、親睦会のとき、根も葉もない私と夫との夫婦間のことをある人脈の広い奥様に、みんなの前で言われた。(夫が不倫してるってねーw)みたいな。
本当に事実無根なことなので、ビックリしたけど後から思えば嫌がらせの一環だろうなと。
周りを、みるとその奥様の仲間が、いかにも何か企んでるかのような笑みだった。


このページのトップヘ